自動車の車検に相当!?オーバーホールの基本をご紹介

機械式時計に必須なオーバーホールとは?

機械式時計を長く愛用するためには、オーバーホールと呼ばれる手入れが必要不可欠。オーバーホールは、自動車の車検に相当するメンテナンスだと思えば理解しやすいかと思います。具体的には、ムーブメントと呼ばれる精細な部品によって構成された部分を分解して洗浄し、劣化したパーツを交換して潤滑油を補充します。非常に高度な技術が要求されるため、素人が自力で行うことは事実上不可能と思って間違いありません。オーバーホールを行うことで、その機械式時計は本来の機能をほぼ100%取り戻せる上、寿命を大きく延ばせるんですよ。

オーバーホールを行うタイミングを知ろう

オーバーホールは、機械式時計を長持ちさせるために必要な手入れですが、タイミングがとても大切です。あまり頻繁に行うと負担が嵩む上、逆に寿命が縮んでしまいます。かといって、期間が空きすぎると劣化が早く進んでしまうので気を付けましょう。ムーブメントの仕組みなどによって違いますが、オーバーホールのタイミングは、3~4年に1度が丁度良いです。前回のオーバーホールから3年を過ぎた頃に、時刻のズレが大きくなったタイミングでオーバーホールを行うと失敗しません。

オーバーホールの依頼先について

オーバーホールの依頼先は、製造元のメーカーと時計修理店の2種類に大別できます。メーカーによるオーバーホールの特徴は、純正部品による安全確実な調整が行われることです。その時計のことを知悉した技師が担当するため失敗リスクは極めて小さいです。ただし費用は若干割高で、平均5万円前後必要となります。時計修理店の特徴は修理費用が比較的安いことです。およそ2~3万円程度の費用で済ませられるんですよ。ただし店によって技量に大きな違いがあるため、まず信用できる店を探さなければなりません。

丸い形状をした船の窓をコンセプトとしている高級腕時計がウブロです。比較的新しいメーカーですが、時計マニアやセレブ達の間で高い評価を得ています。