犬の服はバラエティに富む!その目的や有効活用法は?

見た目を可愛くする!

犬に服を着させる理由としてまず挙げられるのは、見た目を可愛くすることです。そのままの姿でも十分可愛いですが、カラフルな服や有名キャラクターが描かれた服を着ることで更に愛らしさが増します。万が一家を脱走して、迷子になったとしても服の特徴を記載して探すことができますし、ドッグランなど他の犬と遊ぶ時も一目で愛犬を確認できるので便利です。

防寒や汚れ防止にもなる

犬は、全身毛で覆われているので寒さには強いですが完璧に防寒できているという訳ではありません。寒ければプルプルと震えますし、寒さは犬にとってもストレスとなります。服を着させることで、完璧に防寒できる訳ではありませんが多少温かくなるのは事実です。また、雨の日などの散歩では、どうしてもお腹が濡れて汚れます。特に泥水で濡れた時は最悪で、乾燥させても土っぽくなるので室内犬であれば家がひどく汚れてしまいます。ただ、服によって泥水をガードできれば、服を洗うだけで済むので楽です。

犬の服で注意したい点

犬の服で注意したいのは、まずサイズ感です。あまりにピチピチな服を着させると圧迫感があり、常にストレスを与えることになります。少し余裕のあるサイズを選ぶことが大切です。また、ずっと着させているとダニの温床になるので、適度に脱がせることも忘れてはいけません。家の中は脱がせて、外出する時だけ着させるという使い方が良いです。そして、服自体をどうしても受け付けず嫌がる場合は諦めることです。自分の考えを押し付けず、犬を第一に考えます。

犬の服は、特に短毛種が寒い冬を快適に過ごすためには必須のもので、おしゃれのためばかりが目的ではありません。