全部で3ステップ!失敗しないペット保険の選び方

まずは補償内容を選びましょう

3つの基本的なステップを踏むことで、自分に適したペット保険を絞り込めますが、まずは補償プランを選びましょう。現在のペット保険は大きく2種類のプランに別れているんですよ。ひとつはフルパッケージタイプと呼ばれていて、通院と入院及び手術の3大補償が全てパッケージされていることが特徴です。もうひとつが補償選択タイプで、通院補償だけを選んだり、手術補償だけを選ぶことができます。前者は補償が手厚いですが保険料が高く、後者は保険金が安い反面補償内容は限定されます。いずれも一長一短ですから、自身の事情に適したプランを選ぶようにしましょう。

補償の内訳をチェックしましょう

補償内容を選んだら、次に行うのは内訳のチェックです。たとえば入院保障の利用日数に制限はあるのか、年間の保険金限度額は幾らなのか等を調べることで、適切な保険を見つけやすくなります。特に大切なのが補償割合で、この割合が高くなるほど万が一の際の負担が減りますが、毎月の保険料は高くなります。逆に補償割合が低いと保険料は安いですが、いざという時に十分な補償を得られません。自動車や火災保険など同様、ペット保険にも特約があるんですよ。たとえばペットが他人に怪我を負わせてしまったケースを想定した特約は、大型犬を飼っている人に向いていると言えるでしょう。

保険料で選ぶことも大切です

手厚い補償は大きな安心を得られる反面、保険料がとても高額になってしまうもの。補償を減らしすぎては保険の意味が無くなってしまいますが、無理なく支払える保険料にすることはとても大切なんですよ。ペット保険を安くしたいのであれば、補償内容を絞り込むことが一番。たとえば入院や手術のみなどに限定することで保険料は大幅に減らせます。3大補償全てをパッケージングした保険であっても、加入手続きをインターネット上で行うことで、通常より保険料を減らせます。

ペット保険は、ペットが何らかの医療行為を受けることになった場合、それにかかった費用の一部を、規定に基いて補償してくれる保険のことです。