きちんとしたお祝いをするために。七五三の決まりごとをチェック!

お参りする日程をチェック

子供健やかな成長をお祝いする行事である七五三。でも行事の決まりごとについてはあまり知らないという人も多いでしょう。しっかりとしたお祝いをするために、基本的な部分をおさらいしておきましょう。まず、七五三は11月15日に行われるのが正式です。しかし最近では、両親や親戚の都合に合わせて週末に行ったり、よりおめでたい日を選んで前後の大安の日に行うという場合も増えています。11月15日前後の土日は、神社の大混雑が予想されるので、事前に予約を入れておくのも手です。

当日は何を着ればいいの?

七五三と言えば着物ですが、最近は洋装で行うという人も増えてきました。着物を着る場合はいくつか決まりごとがあるので、チェックしておくといいでしょう。3才の女の子は、帯を結ばない着物の上に、被布という上着を羽織ります。5歳の男の子は紋付き袴を、7歳の女の子は本裁ち友禅に帯を結びあげるのが正式な服装とされています。正式な服装で臨むも良し、子供の好きな服を着せてあげるのも良しです。子供の服に気を配るあまり、大人が適当な服で行かないように気を付けましょう。

男女で違う年齢について

七五三をお祝いするのは、三才、五才、七才です。男の子は三才と五才、女の子は三才と七才の年にお祝いをします。最近では、男の子は三才の御祝いを飛ばして五才のときだけお祝いする家庭も増えています。七五三のお祝いで悩むのが、数え年で行うのか満年齢で行うのかという点です。昔は数え年で行っていましたが、現代では実はどちらでもよく、その家庭の事情で決めてしまって大丈夫です。兄妹で一緒にお祝いしたいので、お兄ちゃんは数え年、妹は満年齢、というやり方でも大丈夫なのです。

七五三とは、子供の健やかな成長を願う日本古来の伝統行事です。一般的に11月15日前後に行われています。